補助金・助成金 申請サポート

中小企業・小規模事業者の資金調達手段の一つである補助金・助成金について、申請書類の作成から採択後のサポートまで事業者様のニーズに合わせて提供しています。
申請に必要な書類作成にあたり、様々な方向から内外の現状を分析し、それまで気づかなかった強み・弱みを可視化させることにより、より現実的な経営戦略や事業計画を作り出すことができます。
補助金・助成金の申請業務にあたっては、クライアントへのヒアリングや市場調査などを重ねてお客様に最も適した制度を選び、その上で申請に必要な事業計画作成及び各種手続きのアドバイスを行い、補助金・助成金採択の可能性を引き上げます。
営業コンサルタントの経験に裏打ちされた豊富な知識やノウハウを活かし、受給決定後も助成金の効果を出しながら安定して収益を産み出せるようにサポートしていきます。

申請サポートのプロセス

株式会社ビオトープの補助金・助成金申請サポートについては、基本的に以下の流れで進みます。
クライアントの状況やケースによっては一部変更することがありますのでご了承ください。

Step.1 現状分析と制度探し

受給を目指す取組みの内容、及び現状把握のためにクライアントの過去数年間の営業成績やターゲット顧客層、市場での立ち位置などをヒアリングします。
その結果を元に、クライアントにとって最も相応しい制度を選びます。
もし、どうしても条件に合う制度が見つからない時は、受給の目的を見失わないことを心掛けながら取組み内容の修正を共に考えていきます。

Step.2 申請書類・事業計画作成

現状を元に、短期~中期の事業計画・収支計画を立てていきます。その際、グラフも併用しながらロードマップを作り、達成目標とそのために「どの時点で何をすべきか」分かりやすくします。
次に、事業計画と整合性が高くなるように、申請に必要な各種書類の作成をサポートし、一部書類については作成代行も引き受けます。
この間、豊富な知識と経験を元に、経営戦略の見直しも含めて、より完成度の高い計画と書類が出来上がるよう随時サポート・アドバイスをしていきます。
また、制度上必要な方には経営革新等支援機関となる金融機関・税理士などをご紹介します。

Step.3 審査通過、支給決定後

補助金・助成金の受給は、申請書類を全て提出し審査を通過した時点でゴールというわけではありません。
弊社では、クライアントが補助金・助成金を満額受給出来るように、審査通過後も貴社の事業のPDCAサイクルを回せるようにフォローをし続けます。
また、もし審査通過後に計画変更の必要が生じたときも、出来るだけ受給額が低くならないようにアドバイスを行い、手続きをサポートします。

★ 注目の補助金・助成金・給付金など

小規模事業者持続化補助金

▶︎ 日本商工会議所
https://r1.jizokukahojokin.info
▶︎ 全国商工会連合会
http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h

経済産業省 持続化給付金(新型コロナウイルス感染症関連)

▶︎ 持続化給付金に関するお知らせ(4月27日)
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

▶︎ 持続化給付金 (METI/経済産業省)
https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連施策一覧

▶︎ 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ(4月20日)
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf